【メルボルン】〜オーストラリア産ホホバオイル編〜

オーストラリアのお土産

オーストラリアで、たくさんお土産を買おうとしている人は多いと思うが、また、オーストラリアに来て、どんなもの買って帰ろうかと考え、せっかくならオーストラリアでしか手に入らないものを買って帰りたいと思う人は多いはず。

そんな方々にぜひ購入していただきたいのが、ホホバオイルというもの。


オーストラリアといえば、ワインだったりとか、チョコレートと有名なお土産はいくつもあるが特にオススメなのが、オーガニック製品のもの。

ホホバオイルが買えるケミストウェアハウスはこちらで確認
【メルボルン】〜おみやげ買うならここ!ケミストウェアハウス編〜

なぜ、オーストラリアでオーガニック?

オーストラリアはオーガニック志向が強い国民性で、世界一オーガニック認定が厳しいと言われている。

また、オーストラリアは、地理的に乾燥と紫外線が強い国なので、肌の保護は必須であるためこのようなスキンケアなどはなくてはならないものなございます。

また、ホホバオイルは海水のダメージケアにも効果がありまして、ダイビングやサーフィンが盛んな国であるオーストラリアにとっては無くてはならないものです。

今美容業界で注目!ホホバとは?

ホホバとは、乾燥大陸で育つ植物でありオーストラリアのカラッカラの場所でもすくすくと育つ植物。

このホホバという植物から抽出したオイル、これがホホバオイルである。

見た目は真っ黄色でオリーブオイルのようなオイルだが、顔に塗ってもよし、髪の毛のヘアオイルとして使ってもよしと万能に使えるアイテムで、無香料なので匂いも気にならない。

はじめ、ホホバは医療目的で注目されていたもので、心臓のバイパス施術で潤滑油として注目された使われ方だった。
というのもホホバオイルの成分は人間の皮脂にとても近くすぐに馴染むのが特徴の一つである。

オイルと聞くと、なんかベタベタする印象があるかもしれないが、どんどん体に浸透するので、塗り込むとすぐさらっさらになる。

日本で売っているものと何が違う?

日本でも売っていることは売っているが、ホホバオイル配合というものをよく見かける。

ピュアオイルは真っ黄色に対して、ホホバオイル配合は透明であり日本産のホホバである。

そのためオーストラリア産というのはなかなか見かけない。あっても値段は高いはずだ。

オーストラリア産ホホバが注目される理由とは?

オーストラリア産ホホバが注目されているのは、オーガニック認定機関が世界一厳しく安心安全に誰でも使えるという理由がまずある。

他にも、オーストラリア産ホホバオイルはビタミンやミネラルの含有量が高く別名「リッチオイル」と言われるほど高品質であるのだ。

ホホバオイル何に使うのか

ホホバオイルの成分である「ワックスエステル」というものが、高い保湿効果を持っているのだが、使い方としては以下わかりやすくまとめてみたので参考にしていただきたい。

*ヘアケア*
シャンプーやコンディショナーに数滴のホホバオイルを混ぜて潤いとツヤを与える。

タオルドライした後の毛先に直接なじませてツヤを保つヘアオイルとしても使用できる。

また、頭皮マッサージで皮脂を取り除き毛穴スッキリ、育毛促進の効果も!

*スキンケア*
朝、洗顔後のお化粧前と顎と首回りになじませて使用。皮膚が薄くデリケートな目の周りのお手入れにも使用できる。
夜、お風呂上がりの濡れたお肌になじませ、体をやさしく保湿すると同時にうるおいを与える。

*つめ、指先のケア*
爪、甘皮、爪の周りにオイルを数滴なじませやさしくマッサージすると、ホホバオイルが爪を保護し、乾燥からも防ぎ健やかに保つことができる。

*マッサージオイル*
全身にマッサージオイルとして使用でき、皮下脂肪の乳化作用もあり気になる部分に使用するとダイエット効果がある。
入浴後の血行の良い時に使うとより効果的!

*ベビーオイル*
刺激のないホホバオイルは、赤ちゃんの肌のお手入れにも最適!肌にムラなく伸びて浸透肌荒れを防ぐ。

またホホバオイルは酸化せず、半永久的に使えるものという特徴があるのも魅力的な商品

オーストラリアオーガニック機関ACO(Australian Certified Organic)の基準

・95%が以上が認定されたオーガニック原料
・5%も基準に準拠した天然由来成分
・合成化学物質、合成肥料、遺伝子組み換え作物を使用していない

日本でも買えるホホバオイル

NATURAL ORCHESTRAは世界四大オーガニック認証機関から認定を受けた、オーガニック製品取扱正式認定ブランドです!

天然成分だけでエイジングケア!NATURAL ORCHESTRAの高品質「オーガニックホホバオイル」

「ECOCERT(フランス)」
「COSMOS(ヨーロッパ統合機関)」
「USDA(アメリカ農務省)」
「ACO(オーストラリア政府登録機関)」



増上寺へ行こう!楽しみ方と見どころガイド

増上寺はどんなところ

増上寺は、浄土宗の七大本山の一つで、周辺には東京タワーや芝公園があります。
パワースポットとしても有名で、東京・港区の観光名所の一つとなっています。

七大本山

名前 所在地
大本山増上寺 東京都港区
大本山光明寺 神奈川県鎌倉市
大本山善光寺大本願 長野県長野市
大本山金戒光明寺 京都市左京区
大本山知恩寺 京都市左京区
大本山清浄華院 京都市上京区
大本山善導寺 福岡県久留米市

そんな増上寺の楽しみ方とみどころをご紹介していきます。

増上寺への行き方

都心に位置する増上寺へのアクセスは、電車で便利です。
利用できる駅は芝公園・御成門・大門・浜松町で徒歩10分圏内です。


増上寺HPより

大門・浜松町から向かう場合
大門駅・浜松町駅から増上寺に向かう途中に、芝大門が見えてきます。

芝大門を越えて、並木道をまっすぐ進みます。
奥に小さく見えるのが、増上寺です。

芝大門から並木道を進み、増上寺まで5分程度で到着します。

増上寺の見どころ

三解脱門(三門)



東日本最大級を誇るこの門は、正式名称を三解脱門といいます。

三解脱門は、「むさぼり、いかり、おろかさ」の三つの煩悩を解脱する門のことで、
国の重要文化財に指定されていて、増上寺が江戸の初期に大造営された当時の面影を残す唯一の建造物と言えます。

御忌(ぎょき)の説明

増上寺の入り口左手には、浄土宗を開いた【御忌(ぎょき)】の説明があります。

御忌の説明

御忌とは、浄土宗の宗祖法然上人の忌日法要のことを申します。
法然上人は承安五年(1175)浄土宗を開かれ、建暦二年(1222)一月二十五日 八十歳で亡くなられました。
御法要は明治の頃から春暖の四月に営まれるようになり、増上寺では御忌大会を華やかに彩り大門より古式豊かなお練り行列をはじめ様々な催しを添え法然上人のご恩徳を讃えております。

月の行事



右手に御忌の説明・左手には月の催しについて説明があります。

鐘楼堂(しょうろうどう)



大殿に向かう道中の右手には鐘楼堂があります。

建立は寛永10年(1633)年ですが、現在の鐘楼堂ほ戦後に再建されたものになっています。

鐘楼堂に収められている大梵鐘は、江戸三大名鐘に数えられ、東日本で最大級となっています。

江戸時代には
「今鳴るは芝(増上寺)か上野(寛永寺)か浅草(浅草寺)か」
「江戸七分ほどは聞こえる芝の鐘」
「西国の果てまで響く芝の鐘」

など、川柳で謳われたと言われています。

千躰子育地蔵尊



増上寺の北側にあるお地蔵さんです。

水子供養の地蔵さんをお寺でお参りされているようです。子の幸せを願い、親の心を癒す日本文化の特徴で、悲しい中にも美しい物語が見えてきます。

徳川将軍家墓所



増上寺は東京上野の寛永寺(天台宗)と共に徳川将軍家の菩提寺です。

増上寺で埋葬されているのは、6人の将軍です。
二代秀忠公
六代家宣公
七代家継公
九代家重公
十二代家慶公
十四代家茂公

他にも5人の正室や歴代将軍の子女が埋葬されています。

増上寺にいってみよう



増上寺には他にも、安国殿光摂殿貞恭庵(ていきょうあん)など歴史的な建物がたくさんあります。

アクセスも非常に良く、日帰りでも十分楽しめるので皆さん是非観光に行かれてはいかがでしょうか。

周辺情報

増上寺の側道の桜並木

港区は神社がたくさん

見どころたくさん港区の神社はこちらから
【日枝神社】赤坂・日枝神社へ行こう!楽しみ方と見どころガイド
【愛宕神社】出世の石段で有名な愛宕神社に行ってみた
【乃木神社】乃木坂46の成人式で有名な乃木神社に行ってみた

【メルボルン】〜おみやげ買うならここ!ケミストウェアハウス編〜

Chemist Warehouse(ケミスト・ウェアハウス)



オーストラリアの有名薬局、Chemist Warehouse(ケミスト・ウェアハウス)日本で言うところの「マツモトキヨシ」だろう。

生活用品の殆どはここで揃うといってもいい品揃えだ。

オーストラリアのお土産で人気のあるオーガニックコスメ商品はぜひここで!チェーン店のため市内に何店舗もあるが、エリザベスストリートにあるこちらのお店が品揃えが良くおすすめ!

ホホバオイルについて詳しくはこちらから
【メルボルン】〜オーストラリア産ホホバオイル編〜

【MAP 】

ユーカリといえば、コアラのえさ!?



オーストラリアといえば、コアラが有名だがそのコアラの餌となるユーカリ。
よく育つ場所としても非常に有名であり、そのユーカリはオイルとしても親しまれている。

ユーカリはオーストラリアの民族、アボリジニーが万能薬として使用していたらしく、古くから優れた抗炎症作用と殺菌作用として認知されている。

木や葉はマラリアなどの感染症を防いでいた。抗ウイルス作用があり、風邪やインフルエンザなどの予防として、水面機に熱湯を張り、オイルを数的たらす。

その蒸気を吸うと効果覿面!これは、呼吸器官に優れた効果を発揮するため花粉症や鼻炎にも良く効く!

日本でも大人気!ミランダカーも愛用中!



オーストラリアでは、一家に一つあると言われている優れものがこちら。ルーカスポーポー。

ポーポーとはパパイヤのことで、オーストラリアで取れたパパイヤを使って作られている。
皮膚疾患に効果を発揮し、擦り傷や、虫さされ、ひび割れ、など、さまざまな用途に使える。

これは、パパイヤに含まれる「パパイン酵素」に消毒・解毒作用がありオロナインのような万能クリームである。

「復活の木」から取れる蜂蜜マヌカハニー!



マヌカハニーはもともとニュージーランドに自生していたマヌカの花の蜜から作られるハチミツである。

栄養価が非常に高く、それは医療用に使われるほど。
オーストラリアではマヌカハニーを薬として使い、風邪をひいてのどが痛いときは直接なめる。

売られているのはニュージーランド産がほとんどだが、ニュージーランドの原住民マオリ族がマヌカのことを「復活の木」「癒しの木」と呼んでいたほどマヌカにはパワーがあったと言える。

羊のラノリン



「ラノリン」とは、刈りとったあとの羊毛から抽出される天然の保湿成分であり、人間の皮脂構造と似ていて非常に高い保湿力を持っているのが特徴。

また高い保水力があり、羊の毛を守る保護機能とワックスの効果でツヤをあたえてくれる人気美容商品!

美容業界から大絶賛!オーストラリアのリッチオイルとは?



乾燥大陸でよく育つ植物、ホホバ。

この植物から抽出したオイルがホホバオイルと言って、美容業界で大変注目されているものである。
見た目は真っ黄色でオリーブオイルのようだが、顔に塗ってもよし、髪の毛のヘアオイルとして使ってもよしと万能に使えるアイテムで、しかも無香料なので匂いも気にならない。

はじめホホバは、医療目的で注目されていたもので、心臓のバイパス施術で潤滑油として使われていた。
というのもホホバオイルの成分は人間の皮脂にとても近くすぐに馴染むのが特徴の一つである。

日本でも買えるホホバオイル

NATURAL ORCHESTRAは世界四大オーガニック認証機関から認定を受けた、オーガニック製品取扱正式認定ブランドです!

天然成分だけでエイジングケア!NATURAL ORCHESTRAの高品質「オーガニックホホバオイル」

「ECOCERT(フランス)」
「COSMOS(ヨーロッパ統合機関)」
「USDA(アメリカ農務省)」
「ACO(オーストラリア政府登録機関)」



【シドニー・ダーリングハーバー】シドニーの観光名所が集まったウォーターフロントエリアをランで楽しむコース

シドニーの観光名所が集まったウォーターフロントエリア



スタートは、レンガ調の街並みが美しい歴史を感じる観光スポット、「ロックス」から。

ハーバーブリッジの方に向かってシーサイドを走り、バンガルーリザーブエリアのランニングコースを目指します。

途中のお洒落カフェも見逃せません!

コース近くには、「オーストラリア現代美術館」や「シドニー天文台」がありますので、コースを外れて遊びに行くのもいいでしょう!

ダーリングハーバーエリア付近に来ると、また雰囲気が変わり近くには、「チャイナタウン」「オーストラリア国立海洋博物館」と人気観光名所があります。

まさにこのコースはシドニーの人気観光名所がぎゅっと詰まったランニングコースとなります!

シドニーは坂が多い場所、車通りが多い場所もありますが、港湾都市の中心部にあるダーリング ハーバーはランニングスポットとしてシドニーで暮らす地元の人が沢山ジョギングしていますのでクササイズに最高の環境と言えます!

是非、シドニーでのランを楽しんでください!

【サイクリングコース】

【MAP】

【走行距離】5km
【走行時間】30分

1.ウォーターフロント



世界で最も美しい港と言われるシドニー・ハーバーには、ウォーターフロント周辺にレストランが軒を連ねます。


ハーバー・ブリッジ下のシーサイドを歩き、ウォーターフロントを散歩しながら、パノラマに広がる海を見て、日光をたっぷりと浴びながら、海の風景を楽しみましょう!

2.ロックス



1788年、ヨーロッパ人がオーストラリアで最初に入植した場所で、歴史ある観光地の一つです!


レンガ造りの建物が建ち並ぶお店ではお土産やプレゼント探しにぴったりのマーケットのほか、ギャラリー、レストラン、パブ、カフェなども軒を連ねるオシャレスポットです。

3.オーストラリア現代美術館



シドニーを代表する現代美術館で、国内外のユニークなアート作品を間近に鑑賞することができます!

彫刻が展示されている見晴らしいい屋上にはカフェスペースが設けられており、一休みしながらオペラ・ハウスやハーバーブリッジを見渡しましょう!

4.自転車カフェ



ハーバーブリッジ真下の方に来ると、お洒落なレストランやカフェ、有名なハンバーガーショップやパンケーキ屋さんが軒を連ねます。

中にはこんな一風変わった自転車を改装して移動式カフェを経営しているのも見かけるので散策して休憩がてら一息つきましょう!

5.ハーバーブリッジ



シドニーのシンボルと言えばオペラハウスですが、それに並ぶ存在がハーバーブリッジです!

夜になるとライトアップされて夜景も綺麗!

シングルアーチの橋としては世界2位の長さを誇っているのですが、「その橋の長さを体感してみたい!」という方におすすめなのが、『ブリッジ・ウォーク』。

歩いて渡るルートは南側と北側から渡るルートがありますが、北側から渡るのがおすすめ。

美しいオペラハウスを眺めながら渡ることができ、シドニーの絶景を満喫できますよ!全長1,149mなので、片道30分ほどで楽しめます。

6.バランガルーリザーブ



閑静なサイクリングロードとランニングロードになります。

シドニーの絶景が楽しみながらゆっくりランするのもいいでしょう。

7.シドニー天文台



シドニー市内で最も高い丘に建つ、オーストラリア最古の天文台です。

大型望遠鏡からの南天に瞬く星たちの観測や、3Dを駆使した天体に関する映画館種などが楽しめます!


ちなみに夜の天体観測は大変人気なので予約を忘れずに!入館料は無料です!

8.チャイナタウン



シドニーのチャイナタウンは、1850年代に巻き起こったゴールドラッシュ時に、多くの中国人が移住してきたのが始まりで、オーストラリアにあるチャイナタウンの中でも最大級の規模を誇ります!

観光客で賑わう場所の一つで、ショッピングもグルメと楽しめる場所です!

9.オーストラリア国立海洋博物館



オーストラリアの航海の歴史を幅広く学ぶことができる海洋博物館です。

キャプテンクックのエンデバー号のレプリカから、近代のヨットなどを展示しており、駆バンパイア号や潜水艦オンスロウ号には実際に乗り込むことができる。

まさに子供から大人まで楽しめる場所となっております!

10.ダーリングハーバー

コックル・ベイを囲むように、ショッピングモール、レストラン、クラブ、映画館、動物園、水族館、博物館などが揃うエリアで、週末には広場でフェスティバルが開催される大変賑わう場所です!

近くにはチャイナタウンがあるので夜の散策とディナーにもいいでしょう!

【シドニー・シティ中心街】シドニーの絶景を楽しみながら走れるランニングコース

オペラハウスとハーバーブリッジを見渡しながら海沿いを走る

シドニーは坂が多い場所、車通りが多い場所もありますが、港湾都市の中心部にあるダーリング ハーバーと、サーキュラー キー付近のハーバー ブリッジや王立植物園周辺はランニングスポットとしてシドニーで暮らす沢山の地元の人がジョギングしています。

中でも今回紹介するコースは、海沿いのため眺めも綺麗で、シドニーのラウンドマークである、「オペラハウス」や「ハーバーブリッジ」も見ながら楽しめます!

車も走ってないので安心してランニングでき、エクササイズに最高の環境と言えます!せっかくシドニーにいるならシドニーの風を感じながらぜひランニング、サイクリングをしてみてください!留学中の方は勉強の合間にリフレッシュしましょう!

【サイクリングコース】

【MAP】

【走行距離】2km
【走行時間】12分

1.ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(Art Gallery of New South Wales)



公園内にある美術館は1871年に設立された州立美術館です。

無料で鑑賞できる常設展では、19世紀ヨーロッパの芸術作品や、東洋の作品、先住民アボリジニーのアートなどが展示されています!

定期開催されるアート関連のトークショーやコンサートイベントもあるので、ランニングがてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

また、毎週金曜の午前11時からは、無料の日本語ツアーも開催されています!

2.ハードトレーニングしたい人に人気の階段



地元の人がよくランニングと合わせて使うトレーニングスポットです。

階段の往復を何本か行うことで、心肺機能を高めます。シドニーのオペラハウスを眺めながらトレーニングができるのもいいですね!

3.無理をしすぎないで、景色を見ながら休憩しましょう!



疲れたら、周りの景色を見ながら一休みしましょう!

4.シドニーで一番人気のランニングロード



「オペラハウス」「ハーバーブリッジ」を眺めながら走ることができる、シドニー一番人気のランニングロードです!

公園内にはいくつものランニングロードがありますが、このランニングロードはシドニーのラウンドマークであるオペラハウス、ハーバーブリッジを眺めながら走れるということで地元の人から旅行者まで人気のあるコースです。

海沿いに面しているため潮風が感じられて気持ちがいいです!早朝からジョギングをしている人が沢山います!

5.シドニーロイヤル植物園



ランニングコース内にあるのは、植物園。シティーに隣接し、都会のオアシスとして親しまれている植物園。

敷地はオペラ・ハウス横からミセス・マッコーリーズ・ポイントまで続き、様々な植物を眺めながら散歩やピクニックが楽しめる。

園内のボタニックガーデンカフェでの一休みもオススメ。ジョギングも気持ちいい。

6.オペラハウス



シドニーはもちろん、オーストラリアのランドマークとして親しまれているオペラ・ハウスは2007年に世界文化遺産に登録されました。

収容総数が約5500人の5つの劇場や、レストランなどがあります。

毎日7回催行されている日本語ツアー(30分)ではオペラ・ハウスの歴史を学んだり、劇場を見学できますよ!

また、周辺にはカフェや軽食を撮れる場所もありますので、ランニング後の休憩場所にはとてもいいです!

【シドニー・ロックス周辺】古い街並みが残る、雰囲気あるレンガ造りの街を散策するコース

古い街並みが残る、雰囲気あるレンガ造りの街を散策するコース

シドニー、「ロックス」とは、シドニーのランドマークである「ハーバー ブリッジ」に近い歴史的な地区であり、地元の人々や観光客で賑わっています。

植物園周辺のランニングコースから近いため、周回練習を終えて、クールダウンにロックスまで軽くランニングというのもいいかと思います!

【サイクリングコース】

【MAP】

【走行距離】1km
【走行時間】6分

1.オペラハウス



シドニーはもちろん、オーストラリアのランドマークとして親しまれているオペラ・ハウスは2007年に世界文化遺産に登録されました。

収容総数が約5500人の5つの劇場や、レストランなどがあります。

毎日7回催行されている日本語ツアー(30分)ではオペラ・ハウスの歴史を学んだり、劇場を見学できますよ!
オペラハウス周辺は海沿いで、ランニング、ウォーキングコースがある人気コースがあります!

また、周辺にはカフェや軽食を撮れる場所もありますので、周辺をランニングしてその後の休憩場所にはとてもいいです!

2.オペラハウス周辺のランニングコース



オペラハウス周辺には植物園や公園があり、ランニングやウォーキングしている人がたくさんいますが、中でも海沿いのコースは地元の人がよく使う人気ロードです!

3.シドニーロイヤル植物園



都会のオアシスとして親しまれている植物園。

ランニングコース周辺にありますので、往復練習する方は休憩を挟む時によってみるのもおすすめです!

4.サーキュラーキー駅(Cirqular Quay)



ロックス地区や、オペラハウスの最寄駅となっており、フェリー乗り場がある海の玄関口となっております。

また、周辺は歩道が整備され、ショッピングモール、公園、レストランが軒を連ねているとても賑やかな観光エリアです!

5.オーストラリア現代美術館



シドニーを代表する現代美術館で、国内外のユニークなアート作品を間近に鑑賞することができます!

彫刻が展示されている見晴らしいい屋上にはカフェスペースが設けられており、一休みしながらオペラ・ハウスやハーバーブリッジを見渡しましょう!

6.ハーバーブリッジ



シドニーのシンボルと言えばオペラハウスですが、それに並ぶ存在がハーバーブリッジです。

夜になるとライトアップされて、夜景が楽しめます!シングルアーチの橋としては世界2位の長さを誇っている橋なのですが、「ハーバーブリッジの長さを体感したい!」という方におすすめなのが、実際に“渡って”楽しむ『ブリッジ・ウォーク』です。

全長1,149mなので、片道30分ほどで楽しめます。

歩いて渡るルートは南側と北側から渡るルートがありますが、北側から渡るのがおすすめ。美しいオペラハウスを眺めながら渡ることができ、シドニーの絶景を満喫できますよ。

7.ロックス



1788年、ヨーロッパ人がオーストラリアで最初に入植した場所で、歴史ある観光地の一つ。

レンガ造りの建物が建ち並ぶお店ではお土産やプレゼント探しにぴったりのマーケットのほか、ギャラリー、レストラン、パブ、カフェなども軒を連ねるオシャレスポットです。

【シドニー・シティ中心街】軽く運動したいときに最適!植物園内を走るコース

観光名所を回りながらオアシスの中を走る。都会にいながらにして自然の中を楽しめるコース

シドニーでの晴れた日はランニングコースとして最高です!

スタートは、シティ中心街から。「ANZAC 戦争記念館」がある場所で知られる公園「ハイドパーク」です。

その付近には観光名所として人気のある、「シドニー・セント・メアリー大聖堂」や「シドニー造幣局」そして「オーストラリア博物館」がありますのでスタート前に観光するのもおすすめです!

コースは短めで、一周3km程なので勉強疲れでたまにはリフレッシュしたい留学生や、ランニングが日課でどこかサクッと走れる場所を探している観光客の人にはちょうどいいコースと言えます。

シティ中心街から近くにある自然の中を走りリフレッシュしましょう!溢れるマイナスイオンを多く取り入れ、一気にリフレッシュできそうです。

【サイクリングコース】

【MAP】

【走行距離】3km
【走行時間】18分

1.ハイド・パーク(Hyde Park)



広大なハイドパークは、1810年に造園された歴史的スポットです。

今ではシドニーに住む人たちの憩いの場となっており、自然豊かな場所です。

約2万平方メートルの敷地内には、第一次大戦の盟友国であるフランスから贈られた「アーチボルド噴水」や「アンザック戦争記念碑」がありその周りにも歴史的建造物が残っている観光エリアとなっています。

2.シドニー・セント・メアリー大聖堂(St Mary’s Cathedral)



ハイドパークから近い場所にあるこの大聖堂は、国内最大級のゴシック様式建築物です。

観光名所としても有名なカトリック寺院であり、教会内の見学は無料です!

大きなステンドグラスや床のモザイク、パイプオルガンなど、厳かな教会の雰囲気を存分に味わうことができますのでランニング前にのぞいてみましょう!

3.シドニー造幣局(The Mint)



ミントとは造幣局のことです。ハイドパークからほど近く、シドニー病院などの歴史的建造物が並ぶマッコーリー・ストリートに位置しています。

この旧造幣局は、もともとはシドニー病院の一部として1800年初めに建てられたのですが、1855年からは貨幣を造る工場として使われました。

現在は博物館として貨幣のコレクションや模型が展示されていますので興味のある方は是非立ち寄ってみてください!

4.ランニングロード



公園内にはいくつものランニングロードがあり、ジョギングをしている人が沢山います。

海沿いを走る人もいれば、公園内の周回コースを走っている人、様々です。途中、公園内でストレッチするのもいいでしょう!

5.ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(Art Gallery of New South Wales)



公園内にある美術館は1871年に設立された州立美術館です。

無料で鑑賞できる常設展では、19世紀ヨーロッパの芸術作品や、東洋の作品、先住民アボリジニーのアートなどが展示されています!

定期開催されるアート関連のトークショーやコンサートイベントもあるので、ランニングがてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

また、毎週金曜の午前11時からは、無料の日本語ツアーも開催されています!

6.景色が美しいオペラハウスが見れるランニングロード



階段を使ってトレーニングしている人をよく見かけます。

ハードなエクササイズをしたい方におすすめです!オペラハウスとハーバーブリッジが見渡せる絶景スポットととしても有名な場所になります。

サイクリング動画

【シドニー・グリーブ】グリーブの遊歩道アンザックブリッジの眺めを堪能するコース

シドニーでのランニングやサイクリングにおすすめコース



シドニーの閑静な住宅街と歴史的建造物がある中心的地区として知られるグリーブは、シティとは異なる静かな雰囲気を持ち、近隣のシドニー大学の学生が集まり場所です。

土曜日に行われるグリーブマーケットでは掘り出し物の骨董品を探す人々が集まります。

今回ご紹介するランニング、サイクリングに最適なグリーブの遊歩道です。

公園に面したロードなので車も走っておらず安全安心、快適に楽しめます。また、遊歩道からアンザック橋の眺めが人気です。

【サイクリングコース】

【走行距離】6km
【走行時間】25分

1.ブラックワトル湾に浮かぶボートや船の景色が美しい



シドニー・セカンダリーカレッジ近くの遊歩道をスタート!

そこから見える、シティ方面の高層ビルや、アンザックブリッジの眺めが非常に綺麗です。

2.舗装された遊歩道



自転車と歩行者の専用道のため犬の散歩やランニングしている人が多くいます。

地元の人たちばかりで観光客はいないので人混みはしていませんが、スピードの出し過ぎに注意しましょう!

右手には美しい景色を堪能できます!

3.自然に囲まれた閑静な住宅街



コースを進んでいくと、閑静な住宅街と自然が広がります。

散歩や公園でピクニックなどを楽しむ人たちがいます。


公園内にはドッグランエリアがあるため、犬の散歩をしている人が目立ち、リードなしで散歩させている飼い主さんが多いので注意しましょう!

4.一般道に出てアンザックブリッジを目指す



一般道に出ても、自転車&歩行者道と車は分けられているので、安心してサイクリングやランニングを楽しむことができます!

5.アンザックブリッジを渡る



シドニーの橋といえば、ハーバー・ブリッジですが、同様にシドニーを代表するもうひとつの橋が「アンザック・ブリッジ」です。

1995年の建設されましたが、当初はその地名から”Glebe Island Bridge”という名前でした。

しかし、1998年、名前が改称され、橋の両側にオーストラリア人とニュージーランド人兵士の像が建っています。

この兵士の銅像はそれぞれ、日の出と日の入りの方角をむいており、橋の上にはオーストラリアとニュージーランド両国の国旗が見えます。

6.Pirrama Park(ピラマパーク)



シドニー中心地から歩いて30分ほどの公園「ピラマパーク」は、落ち着いた雰囲気の中カフェやレストランも充実していることからオフィス街からランチ休憩にやってくる人がいます。

他にもヨガやダンスの練習をしに広場にやってくる人も多く見かけます。近くには南半球最大級の魚市場フィッシュマーケットがありマリーナ沿いの景色は最高です!

【サイクリング動画】

【シドニー・センテニアル・パークランド】閑静な公園で気軽にサイクリング

1周4キロの野鳥も観察できる公園は、ランニング、サイクリングに最適!



センテニアル・パークランド(Centennial Parklands)は、シドニー中心部から、南東約5㎞離れた大きな公園です。

地元の人がピクニックしに来たり、公園だけで190ヘクタールほどあり、公園の周りは一周4キロとなっているのでランニング、サイクリングしに来る人が多いローカル感溢れるスポットです。

留学中の方はリフレッシュに最高の場所になるはず!

また、公園内にはいくつか池があり、多くの野鳥が生息しているので、ブラックスワンなどを観察できます。

【おすすめレンタサイクルショップ】センテニアル・パークサイクル(Centennial Park Cycles)

公園内にあるレンタサイクルショップは、普通車を1時間15ドルから借りられ、他にも、子供乗せ自転車、幼児車、タンデムバイクなど種類が豊富にあり、四人乗り自転車まであるので家族や友達と行って楽しめる自転車があります。

ショップ内には無料の公園マップがあるのでもらいましょう!隣はカフェとなっているので、スタート前や返却後の休憩にぴったり!

【営業時間】8am-5pm

【休業日】なし

【WEB】
https://www.cyclehire.com.au

【MAP】

【サイクリングコース】

【走行距離】4km
【走行時間】15分

1.レンタルバイクショップで自転車を借りる



レンタルバイクショップで好みの自転車を借り実際に乗って見てサイズも確認しましょう!グランドドライブの道沿いを走るだけなので道に迷うことはないと思いますが、お店でマップをもらうと便利!

2.自然に囲まれた乗馬クラブ



ランニング、サイクリングコース沿いは、道幅が広く、自動車も通りますが安全です。

ただ、自転車の場合自動車道用一方通行となっていますので逆走しないよう気をつけましょう!

スタートしてすぐ右手には広々とした公園ないが広がり、乗馬クラブとなっているので馬も見れたりします。

3.広々とした公園内には1万種以上の植物



美しく手入れされた公園内にはなんと1万種以上の植物が生息しているとのこと!



スポーツのイベントも開催されることが多く、観光客はほとんどいない様子。地元の憩いの場としてピクニックなど楽しみ方ができます。

4.パーク内に50種以上の野鳥!バードウォッチングに最適な場所



公園内の7つの池には、多くの野鳥が生息しており、週末にはバードウォッチングを楽しむ人がたくさん!愛鳥家の中では有名な場所らしいです!

5.公園内にあるカフェ、レストラン



道中にはカフェがあり、テラス席もあるレストランもあります。サンドイッチなどの軽食もあります。

【サイクリング動画】

【オーストラリア】ゴールドコーストでサクッとサイクリング!美しい海岸沿いを走る!

サーフィンだけじゃない!バイロンベイおすすめサイクリングスポット!



ゴールドコーストは、州都ブリスベンの南約80kmにあり、車1時間で到着します。ゴールドコーストといえば、白い砂浜と美しいビーチです!

南北に42kmにも及ぶ砂浜の海岸線が延々と続くサーファーズパラダイスビーチは世界中からサーファー以外にも観光客で賑わってます。

リゾート地として開発されたゴールドコーストは、年間晴天率がなんと300日以上!と天候に恵まれ、オーストラリアを代表する国際級リゾートとして、世界中から観光客を受け入れています。

今回は1時間ほどで満喫できるゴールドコーストのサイクリングスポットをご紹介します!先ずは、自転車をレンタルしましょう!

【おすすめレンタサイクルショップ】Fun 4 Hire

ゴールドコーストの中心街に位置し、自転車以外にも電動スクーターもレンタルしていて、人気なのも電動スクーターです。

免許要らずで、快適に乗れビーチ沿いを気持ちいい風を感じながら楽しめます。
自転車は15ドル程度で借りられ、クレジットカードとパスポートなどのIDを忘れずに!

【営業時間】8:30am-5:30pm
【休業日】なし
【MAP】

コース詳細

【スタート】サーファーズ・パラダイス・ビーチ(Surfers Paradise Beach)
【ゴール】ダグ・ジェニングス・パーク(Doug Jennings Park)

【MAP】

【走行距離】8km
【走行時間】25分

【サイクリングコース】

1.レンタルバイクショップで自転車を借りる



レンタルバイクショップで自転車か、電動スクーターを借りたら、早速ダグ・ジェニングス・パークを目指しましょう!

ビーチ沿いの車道にでますが道路が広く、自転車道がきちんと舗装されているので安心・安全なので心配いりません。

2.ゴールドコーストのビーチを堪能



自転車専用道を走ると右手には美しい白浜とビーチが見れます。

また周辺にはホテルやコンドミニアムがたくさんあり国際的なリゾート感も楽しめます!

さすがオーストラリア最大の観光保養地だけあります!よそ見をし過ぎには注意しましょう!

3.ラウンドアバウトではゆっくり走ろう!!



ラウンドアバウトとは信号や一時停止義務がないなどの特徴をもった交差点で、車両はこの中央島の周りの環状の道路を一方向、反時計回りに通行します。

ラウンドアバウトでは右側から車に注意してゆっくり走りましょう!

4.ゴールドコーストの観光名所シーワールドリゾート



ゴールドコーストの観光名所シーワールドリゾートが見えてきます。

また道中に景色がいいポイントもあるので是非寄って見てください!

5.ダグ・ジェニングス・パーク



目的地の公園に到着したら、その先は歩行者のみとなるので駐輪して周りを散策すると良いでしょう!

そこは、ゴールドコーストのサーファーズパラダイスと少し違った雰囲気の落ち着いた場所です。



ビーチ側にある桟橋を歩くのもおすすめです!

【サイクリング動画】