【永久保存版】カナダ_バンクーバーでの留学費用まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「カナダはワーホリ先として人気がある国」

そんな事を言われますが、カナダのワーホリ先は複数あり、地域性など不安な事がたくさんあると思います。

たくさんあるワーホリ候補先がある中でカナダを選択した方には、ワーホリ経験者として後悔して欲しくないので、私の経験をお伝えして、皆さまの素敵なワーホリの一助になればと考えてます。

今回はやっぱり気になるお金の事。
留学費用から現地で掛かるお金事情についてお話いたします!

初期費用

カナダ生活の初期費用

学生ビザの申請と、9カ月分の語学学校の授業料、ホームステイ1カ月、空港送迎でトータル60万円ほど。

航空券

約12万

保険

約20万
保険会社や内容にもよりますが、クレジットカード付帯の海外保険を3ヶ月利用し、その後現地で安い保険に加入する人もいます。

【1ヶ月の滞在費】

家賃(シェアハウス、光熱費・インターネット代込み)

C$500

家賃の相場は、エリアによりますが、シェアハウスはC$400~600

シェアハウスを利用していた時は、プライベートルームでしたが、リビングやキッチン、洗面所とトイレなどはルームメイトとシェアしていました。

ワーキングホリデーや留学できている人たちは、ルームシェアをしている人が多く、「JPCANADA」という掲示板サイトを使う人が多くいます。

ほかの国の方との共同生活になるため、それなりのストレスやトラブルもやはりあるようです。また、ルールが物件によって違ってくるのも注意も必要です。

例えば、シェアハウスを出るときは、最低でも1カ月前にオーナーに伝えて、次に住む人を探す時間を与える必要があり、基本的に保証金か前払いで、家賃の半分求められます。

スマホ代

C$15
携帯電話は日本で使用していたSIMフリーのIphoneをカナダのSIMを購入し使っていました。

交通費

C$50
交通費はメトロやバスで使える、チャージ式のICカードの料金になります。

バンクーバーはサイクリングロードがいたるところに整備されているので自転車を購入し利用していました。

ただ自転車の盗難が多い街なので施錠をしっかりするなど注意が必要です。

【バンクーバー】おすすめ自転車レンタルショップ5選

食費

C$200
節約のためあまり外食をせず自炊をする日が多いですが、バンクーバーは、日本食はとても人気なので街なかに、ラーメン屋や焼き肉屋、居酒屋などが多くあります。

他にも中華料理、韓国料理、インド料理など世界中の食べ物を気軽に食べることができるのも、特徴といえると思います。

交際費

C$200

その他

C$100

■合計
C$1065

ホームステイについて


ホームステイは、3食付きで、朝はシリアルやパンケーキなど簡単なものが多いです。

ランチはサンドイッチとフルーツが渡され、夜はビーフシチューにパンなど。
白飯が全く出てこない家庭もあります。

ホームステイは当たり外れがあるのも事実だと思います。

食事が自分に合わなかったりすることもあるので、長期間同じホームステイ契約するのはリスクかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。