【体験談/25歳男性】オーストラリアでワーキングホリデー!メルボルンでの生活をレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのコーナーでは、実際に海外で暮らしている日本人の体験談をレポートしながら、1カ月滞在する際に必要な予算のシミュレーションなどを行っていきます。

オーストラリア「メルボルン」のワーキングホリデー

今回お話をお聞きしたYさん(25歳/男性)は、20016年4月からメルボルンにてワーキングホリデー暮らしを始め海外生活を送った。

海外に行きたい。「今」しかない。

-なんでワーキングホリデーしようと思ったんですか?

Yさん:高校時代に短期で留学経験があり、海外の生活に憧れていました。

仕事はリラクゼーション関係の仕事をしていましたが、上司に相談したところ、「今行けるうちに行ったほうがいい」とアドバイスされ、ビザを申請することにしました。

ワーキングホリデーは年齢制限があり、迷っている時間もあっという間に過ぎてしまうと思うので、計画を立て始めました。

世界一住みやすい都市で生活してみたい

-オーストラリアは広いですが、滞在先をメルボルンに決めたのは何か理由があるのですか?

Yさん:寒いのが苦手で、暖かい南半球に興味がありました。

そして、英語圏の中では一番魅力的でしたね。

ネットで他の人の体験談を見ると、オーストラリアは時給も高いと聞いていたので、お金も貯められて、旅行もできるかなと思っていました。

メルボルンはよく「世界一住みやすい都市ランキング」1位と聞きますので、一体どのくらい住みやすいのか、自分で確かめたくて、「ここにしよう!」と決めました。

メルボルンでコーヒー覚えました!

-実際、メルボルンでの生活はどうでしたか?

Yさん:メルボルンといえばコーヒーが有名ですが、想像以上に街にカフェがあり、おいしいカフェがたくさんありおしゃれでした。

日本では普段コーヒーは飲まなかったのですが、メルボルンに来てから毎日のようにカフェで飲み、完全にハマってしまいましたね。

バリスタ志望の人やコーヒー好きにはたまらないと思います。

バリスタチャンピオンも多く輩出している街と聞きました!

私を変えたメルボルンでの出会い

-メルボルンでの一番の思い出はなんですか?

Yさん:メルボルンは世界中からワーキングホリデーや留学で人気の都市で、多国籍な街です。

カナダ、アルゼンチン、コロンビア、チリ、韓国、香港、台湾、、、

本当に多くの友達ができて、その国の文化や言語を教えてもらい英語以上に勉強になったかもしれません。

-その友達はどこで出会ったんですか?

Yさん:語学学校の友達や友達の紹介です。

週末にパーティーが多く、特に南米人の人は毎週のようにパーティーがありました。他にもナイトクラブやバー、国際交流クラブ等出会いの場は無限大です。

メルボルンでのお仕事

-メルボルンではどんなお仕事をされていたのですか?

Yさん:日本食レストランで、キッチン作業をしてました。

仕事を見つけるのは難しくないですが、稼げる仕事を見つけるのは大変です。

というのも、メルボルンの場合、職種により給料の差があり、アジアレストラン等は、時給が低いのです。

ホテルなどのレストランだと時給が高いですが、英語力が必要です。

美食の街メルボルンのジャパレス

日本食レストランは街中にたくさんあるのですか?

Yさん:メルボルンは大都市で、日本食レストランがたくさんあります。

日本人経営は少ないかもしれませんが、、、

ちなみに私の働いていた場所は、韓国人経営でした。

そういった日本食レストランの場合は、日本人スタッフを募集している所が多いのです。

-他に仕事の選択肢はなかったのですか?

Yさん:オフィスワーク等は求人情報にありましたが。

ほとんどはワーキングホリデービザは採用しないとありました。

永住権を持っていることが条件の求人ばかりです。

私の周りでは、現地のカフェや地元レストランでシェフとして働いている人がいました。

シェフ・バリスタ等技術のある人は高時給で稼いでいましたね。1年以内に150万近く貯まった、という友人もいましたね。

メルボルンに来たならタスマニアにも行くべき!

メルボルン以外に滞在した場所はありますか?

Yさん:タスマニア島に行きました。

オーストラリアの南側にタスマニアという州があり、大自然な場所なんですが、本当に良かったです。

行った時期は寒かったでしたが、、

ジェットスターがセールを行ってる時は、メルボルンからなんと片道50ドルほどで行けたんです!

セカンドビザ取得

-ファームワークをすれば、2年間の滞在が可能と思いますが、取得しなかったのですか?

Yさん:取得しませんでした。

オーストラリアのワーキングホリデーは、条件を満たすと2年間の滞在(セカンドワーキングホリデー)が可能となってますが、、一定期間ファームワークしてまで延長したいと思いませんでした。

ファームは稼といったような話も聞きましたから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。