【旧乃木邸】乃木坂にある乃木希典の邸宅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乃木邸について

旧乃木邸は、日清・日露戦争の両戦役に従事し、明治天皇崩御の後に殉死された陸軍大将乃木希典の邸宅です。

乃木大将がドイツ留学中に見たフランス連隊本部を参考にして、自らの設計により明治35 年(1902)に新築されたものと言われています。

旧乃木邸は明治期の和洋折衷建築としても貴重で、接客を目的とする建物ではなく住まいのための合理的な造りと言われています。

乃木神社・乃木公園と隣接しており、半日で乃木神社・乃木公園・旧乃木邸を見ることができる、おすすめの観光スポットです。

乃木神社・乃木公園が気になる方は、こちらもチェック
【乃木神社】乃木坂46の成人式で有名な乃木神社に行ってみた

旧乃木邸の見学・公開について



旧乃木邸と馬小屋は、現在は港区の有形文化財に指定されています。

乃木夫妻の殉死後、遺言により東京市に寄付され、文化財保護に指定されたため、邸内は非公開となっておりますが、外観、馬小屋、庭園は公開しています。

乃木邸の一般公開
邸内は年3回、一般公開しています。公開時には、乃木家の貴重な遺品の展示も行われます。
一般公開のスケジュールについて詳細は、港区立赤坂地区公園等管理事務所のHPでご確認ください。

港区立赤坂地区公園等管理事務所

乃木邸の家主・乃木希典

乃木希典(のぎ まれすけ)。日露戦争における旅順攻囲戦の指揮を行った、陸軍大将です。

明治天皇を慕い、後を追い殉死したことでも有名。

「乃木大将」や「乃木将軍」と呼ばれることも多く、「乃木神社」や「乃木坂」に名前を残している。

乃木邸の見どころ

大将居室



乃木希典の部屋。

乃木将軍と辻占売少年像



明治24年の金沢出張の際、一家の生計を支えるために辻占いを売りをしていた8歳の少年の姿に感銘を受けた乃木が、少年を激励し金二円を手渡したというエピソードを像にしたものです。

月桂樹



立派な月桂樹

馬小屋



馬小屋は、平屋建て。日本瓦葺きで邸宅が邸宅が新築される以前、明治22年(1889)に建てられた。間口約12、5メートル奥行き4、5メートルの細長い建物には、4つに区画された馬房や、馬糧庫等がある。住居が木造であるのに対し、馬小屋がレンガ造りで立派だ。という評判のあったもので、馬をかわいがり大切にした大将の人柄が偲ばれる。昭和62年10月28日 港区教育委員会」とあります。

愛馬用井戸



馬小屋の奥には愛馬用の井戸もあります。

旧乃木邸裏門

旧乃木邸に行こう



六本木・MIDTOWNから徒歩5分程度にある、旧乃木邸。

都会の喧騒を忘れさせる素敵な歴史的建造物でした。

皆さんも六本木に来た際は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。