【メルボルン】〜オーストラリア産ホホバオイル編〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアのお土産

オーストラリアで、たくさんお土産を買おうとしている人は多いと思うが、また、オーストラリアに来て、どんなもの買って帰ろうかと考え、せっかくならオーストラリアでしか手に入らないものを買って帰りたいと思う人は多いはず。

そんな方々にぜひ購入していただきたいのが、ホホバオイルというもの。


オーストラリアといえば、ワインだったりとか、チョコレートと有名なお土産はいくつもあるが特にオススメなのが、オーガニック製品のもの。

ホホバオイルが買えるケミストウェアハウスはこちらで確認
【メルボルン】〜おみやげ買うならここ!ケミストウェアハウス編〜

なぜ、オーストラリアでオーガニック?

オーストラリアはオーガニック志向が強い国民性で、世界一オーガニック認定が厳しいと言われている。

また、オーストラリアは、地理的に乾燥と紫外線が強い国なので、肌の保護は必須であるためこのようなスキンケアなどはなくてはならないものなございます。

また、ホホバオイルは海水のダメージケアにも効果がありまして、ダイビングやサーフィンが盛んな国であるオーストラリアにとっては無くてはならないものです。

今美容業界で注目!ホホバとは?

ホホバとは、乾燥大陸で育つ植物でありオーストラリアのカラッカラの場所でもすくすくと育つ植物。

このホホバという植物から抽出したオイル、これがホホバオイルである。

見た目は真っ黄色でオリーブオイルのようなオイルだが、顔に塗ってもよし、髪の毛のヘアオイルとして使ってもよしと万能に使えるアイテムで、無香料なので匂いも気にならない。

はじめ、ホホバは医療目的で注目されていたもので、心臓のバイパス施術で潤滑油として注目された使われ方だった。
というのもホホバオイルの成分は人間の皮脂にとても近くすぐに馴染むのが特徴の一つである。

オイルと聞くと、なんかベタベタする印象があるかもしれないが、どんどん体に浸透するので、塗り込むとすぐさらっさらになる。

日本で売っているものと何が違う?

日本でも売っていることは売っているが、ホホバオイル配合というものをよく見かける。

ピュアオイルは真っ黄色に対して、ホホバオイル配合は透明であり日本産のホホバである。

そのためオーストラリア産というのはなかなか見かけない。あっても値段は高いはずだ。

オーストラリア産ホホバが注目される理由とは?

オーストラリア産ホホバが注目されているのは、オーガニック認定機関が世界一厳しく安心安全に誰でも使えるという理由がまずある。

他にも、オーストラリア産ホホバオイルはビタミンやミネラルの含有量が高く別名「リッチオイル」と言われるほど高品質であるのだ。

ホホバオイル何に使うのか

ホホバオイルの成分である「ワックスエステル」というものが、高い保湿効果を持っているのだが、使い方としては以下わかりやすくまとめてみたので参考にしていただきたい。

*ヘアケア*
シャンプーやコンディショナーに数滴のホホバオイルを混ぜて潤いとツヤを与える。

タオルドライした後の毛先に直接なじませてツヤを保つヘアオイルとしても使用できる。

また、頭皮マッサージで皮脂を取り除き毛穴スッキリ、育毛促進の効果も!

*スキンケア*
朝、洗顔後のお化粧前と顎と首回りになじませて使用。皮膚が薄くデリケートな目の周りのお手入れにも使用できる。
夜、お風呂上がりの濡れたお肌になじませ、体をやさしく保湿すると同時にうるおいを与える。

*つめ、指先のケア*
爪、甘皮、爪の周りにオイルを数滴なじませやさしくマッサージすると、ホホバオイルが爪を保護し、乾燥からも防ぎ健やかに保つことができる。

*マッサージオイル*
全身にマッサージオイルとして使用でき、皮下脂肪の乳化作用もあり気になる部分に使用するとダイエット効果がある。
入浴後の血行の良い時に使うとより効果的!

*ベビーオイル*
刺激のないホホバオイルは、赤ちゃんの肌のお手入れにも最適!肌にムラなく伸びて浸透肌荒れを防ぐ。

またホホバオイルは酸化せず、半永久的に使えるものという特徴があるのも魅力的な商品

オーストラリアオーガニック機関ACO(Australian Certified Organic)の基準

・95%が以上が認定されたオーガニック原料
・5%も基準に準拠した天然由来成分
・合成化学物質、合成肥料、遺伝子組み換え作物を使用していない

日本でも買えるホホバオイル

NATURAL ORCHESTRAは世界四大オーガニック認証機関から認定を受けた、オーガニック製品取扱正式認定ブランドです!

天然成分だけでエイジングケア!NATURAL ORCHESTRAの高品質「オーガニックホホバオイル」

「ECOCERT(フランス)」
「COSMOS(ヨーロッパ統合機関)」
「USDA(アメリカ農務省)」
「ACO(オーストラリア政府登録機関)」



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。