世界のロード

カナダの人気土産アイスワインについて


カナダの人気土産で人気がある「アイスワイン」は、通常のワインと違い、自然に氷結したブドウから作られ、濃縮された甘みと芳醇な香りが特徴的なデザートワインだ。

続きを読む

【メルボルン】〜旅のおみやげ編〜

オーストラリアのお土産といえば、ワイン、チョコレート、オーガニックコスメ、紅茶などが有名どころだが具体的に何がいいのか悩みどころ。

「メルボルンに来たら是非これを!」と自信を持って言える旅のお土産を10選にしてまとめてみた。

サイクリング仲間、クラブチームへのお土産にぜひ!また、後半に旅行者への税金の払い戻しについても合わせて紹介しているので是非参考にしていただきたい!

続きを読む

【バンクーバー】おすすめサイクリングコース5選

世界一のグリーンシティを目指して、現在自転車専用レーンやバイクシェアが多く設備されているカナダ・バンクーバー☆その中でも、絶対に外せないおすすめサイクリングコースを5つ紹介する。

続きを読む

【バンクーバー】イエールタウンの観光

ダウンタウンから南下するとバンクーバー観光名所の一つ、「イエールタウン」。

かつては、鉄道労働者が住む倉庫街で栄えたエリアで、1940年代に貨物輸送が鉄道から自動車へと移り、一時期は衰退したが1986年のExpo86を機に歴史地区に指定され、以来レンガ造りの大きな建物に倉庫街の面影を残す、大人向けのトレンドエリアに変貌していく。

さらに、「Yeletown roundhouse駅」を中心とした再開発で、さらにグレードアップ、現在はフォールスクリーク側には高層高級コンドミニアムが立ち並ぶリッチ街でもある。

駅の前には、ラウンドハウス・カナダ太平洋鉄道の蒸気機関車が展示されている。

続きを読む

サウスメルボルンマーケットの市場めぐり編〜

South Melbourne(サウスメルボルンマーケット)

シティから96番トラムに乗って南へ15分、サウスバンクの高層ビル群を抜けると、街の雰囲気は一転レトロなサウスメルボルンに到着する。

続きを読む

【カナダ・バンクーバー】名門UBCまでビーチ沿いをサイクリング

このルートは、海岸沿いを通り、ウィンドサーフィンやセイルボートが楽しめるビーチと、砂浜でのピクニックやBBQなどを楽しむ人々が集まるスパニッシュバンクスを抜け、UBCへと続くコースです。

観光名所から離れ落ち着いたローカル感のあるエリアをサイクリングしましょう!

ビーチからはダウンタウンの高層ビルや山々が見れ、サイクリングやランニングにとって最高に気持ちのいい場所です。

長距離ランニングをしたい方にもこのコースは大変おすすめとなります!

目標とする到着地点地は広大なUBCのキャンパスです!キャンパス内には【人類学博物館】や【ボタニカルガーデン】【グリーンハートツリーウォーク】【新渡戸稲造記念公園】などがあり、休憩がてらキャンパス内を散策してみましょう!

帰りは、自転車を積んで、バスで帰るのもいいでしょう!時間があれば【パシフィックスピリットリージョナルパーク】でサイクリングを締めくくるのもおすすめです!

続きを読む

【カナダ・バンクーバー】美しい街並みのウォーターフロント沿いをサイクリング

バンクーバーでのサイクリングといえば、シーウォールと呼ばれるサイクリングロードですが、その中でもウォーターフロント沿いは絶景が広がりバンクーバーらしい風景を堪能できます。

ウォーターフロント近辺には観光名所である「ガスタウン」がありバンクーバーのシンボルと言われる「カナダプレイス」もあります!

このサイクリングロードを走り続けると、世界一美しい公園「スタンレーパーク」へとつながります!

今回紹介したコースは距離が短いため、ちょっとしたランニングコースとしても大変おすすめです!

観光でバンクーバーに来たけど、ランニングが習慣でどこを走っていいのかわからない方は是非このルートを走ってみてください!楽しめること間違いなしです!!

続きを読む

【カナダ・バンクーバー】ロハスな街で大人気!キツラノエリアをサイクリング

「キッツ」の愛称で親しまれているキツラノエリアは、ダウンタウンの南側にあります。

4番通りを中心としたエリア周辺は高級住宅に囲まれており、落ち着いた雰囲気。

オーガニック・フードが並ぶスーパーなどありのんびりしたローカル気分を楽しめる。

また、キツラノビーチは対岸にダウンタウンとノースバンクーバーを望む人気スポットで特にサンセット時間になるとカップルでの散歩など賑わいます。

ジョギングロードが整備され、ジョギング、サイクリング、犬の散歩など、地元の人たちが思い思いの時間を過ごしているのがわかります!

また、少し離れた場所にあるジェリコビーチは、地元感もあり、ベストシーズン中のバンクーバーでも、ジェリコビーチの平日は比較的人が少なく、静かなビーチに行きたい方は特にモーニングライドがおすすめ!!

続きを読む

【カナダ・バンクーバー】ダウンタウンとノースバンクーバーをつなぐ橋ライオンズゲートブリッジを渡るサイクリング

バンクーバーの見どころの一つにノースバンクーバーがあります。

2010年のバンクーバー冬季オリンピックで競技会場として使われた「グラウスマウンテン」や「サイプレスマウンテン」が有名ですが、「ウィスラー」に行く通り道としてノースバンクーバー・ライオンズゲートを通ります。

通勤や通学の交通の大動脈として一日に多くの人が利用する「ライオンズゲートブリッジ」は、車道と自転車道が分かれているため、安全に渡れます。

しかし、自転車道と歩道はシェアなのでスピードの出し過ぎに注意しましょう!

車通勤をしない人はシーバスでノースバンクーバーとダウンタウンを行き来するのだが、帰りはシーバスを利用して違った景色を楽しみましょう!

シーバスは、バスや電車と同じようにリンク社が運営しているため、同じICカードや定期券、チケットが使えます。

また自転車と一緒に乗船可能です。

この機会に、バンクーバーのライフスタイルを垣間見る違った視点でサイクリングを楽しみましょう!

続きを読む

【カナダ・バンクーバー】イタリア街や中華街、ローカルエリアをサイクリング

自転車のシェアリングが進んでいて利用者も多い、バンクーバーですが、街中には自転車専用道路が舗装されていて地元民は自転車通勤する人が増えてきています!

週末にサイクリングする人も多く、サイクリングコースに行くとフラットで初心者も大変楽しめるコースがいたるところにあります。

バンクーバーはMTBの聖地、ウィスラーが近くにあるのでMTBを楽しむ人も多いですが、近年はロードバイクでロングライドを楽しむ人が増えてきています!

自転車マークの標識や地面の色を分けて観光客にもわかりやすいようになっていますので、訪れた際は是非自転車をレンタルして満喫しましょう!

今回のおすすめサイクリングルートは、中心街のダウンタウン海辺から、ローカルエリアまでを旅するコースです!自転車専用道路を走るので、安心安全に海外でのサイクリングを楽しめるはずです!是非参考にしてくださいね!

続きを読む